不動産取得税って?

不動産を取得すると税金がかかります。
不動産取得税という税金です。

不動産を取得した方が納める税金です。

不動産を取得したと言っても、
売買で取得した場合は分かりやすいですが、
それ以外に贈与されたり、建て替えたり、
増築や改築や交換したりして
取得した場合も税金の対象です。

自らの古い建物を壊して住宅を建て替えても
不動産取得税がかかります。

ただし、相続で不動産を取得した場合や
墓地の用地を取得した場合は課税されません。

では、税率は何%なのか?

標準税率は4%です。

不動産を売買した金額が2000万円だとしたら、
2000万円×4%で80万円となるのでしょうか?

80万円ではありません。

税金をかける時の不動産の価格は、
売買した価格ではなく、
課税標準額に税率をかけていきます。

課税標準額とは、
市町村の固定資産課税台帳に記載されている価格です。

その価格に税率をかけて不動産取得税が算出されます。

土地と建物を購入した場合

土地が課税される価格は、
土地の課税標準額の2分の1×税率です。

ここで税率と記載したのは、
平成33年3月31日までに取得した場合、
特別措置にて税率が3%に軽減されているからです。

同じく建物の税率も3%に軽減されていますが、
建物は課税標準額の2分の1ではなく、
記載されている課税標準額です。

しかも、自己が居住用として使用する場合です。

自己が居住用として使用しない場合や
居住用の家屋で無い場合は税率は4%です。

また、取得した建物の建築年数によって
控除される場合があります。
(控除される条件があります)

中古住宅の場合、最高額で1200万円。

新築住宅の場合、最高額で1300万円。

計算式は、

(課税標準額-控除額)×税率=税額

です。

また、住宅用の土地に係る減額もあります。
(減額を適用される条件があります。)

上記は、
大阪府税事務所で課税される参考例です。

詳細は、
物件所在地の都道府県税事務所の
不動産取得税課にお問い合わせください。