重要事項説明書に記入する項目が増えました

4月から宅建業法の改正で
重要事項説明書に記載する項目が増えました。

既存住宅の場合のみです。

その増えた項目は、
建物状況調査の結果の概要と
建物の建築および維持保全の状況に関する書類の保存状況・耐震診断の内容です。

記載内容は、
「1年以内に建物状況調査の実施の有無」で、
調査を行っていればその調査結果の概要を記載する。

新築時の建築確認申請書や添付図書や確認済証の保存の有無や
増改築を行った建物で有るか否かやインスペクションを行った有無など
を記載します。

また、不動産の売却依頼(媒介契約)を受ける時に
建物状況調査を実施する者の斡旋の有無を記載する項目も増えました。

これから既存住宅(中古住宅)の購入に対して判断材料が増えるので、
安心感が高まればと願います。