不動産のネットサイト

最近はインターネットで、
不動産情報を閲覧する方が増えたので、
いろんなサイトが有ります。

物件を検索できるサイトや
査定依頼を出来るサイトや
リフォーム業者や建築関係の
検索できるサイトがあります。

物件を探している方は、
有名なところのポータルサイトで
希望地域などで検索されているのが
多いようです。

賃貸物件も売買物件も同じです。

不動産のネット上での情報は増えました。

自動車の販売も同じようにネットでの
情報は増えましたよね。

それに車の場合は、
現在の愛車の査定をする
サイトも増えています。

数社に一括申込で査定が出来ます。

この流れが不動産にもきています。

最近は、不動産もネットから
数社を選び査定依頼するようになってきました。

先日もネットから査定依頼が来たのですが、
それが査定する物件に対して、
所有権をお持ちで無い方からの依頼です。

お話を聞くと、
「奥さまが相続人の一人で
数人で全相続財産を分割する時の為に
参考として価格が知りたい」との事です。

しかも査定する物件には、
相続人の一人が現在住んでいます。

ここで、
「ネットでの査定依頼も怖いものだなぁ」
と思いました。

何故か!って

赤の他人の物件でも、
物件の住所や土地などの
面積がわかれば依頼できるという事です。

査定依頼を出来るサイトも
色々とあります。

だいたいどのサイトも、
依頼者は無料ですが、
私達不動産業者は有料で、
査定依頼1件に付き支払ったり、
売り依頼の契約を締結した時点で
支払ったりします。

サイトの多くは、
査定依頼者が所有者だったり
相続人だったり、
その物件に居住していたり
と、
物件との関係の項目がありますが、
あるサイトでは、
その中に「その他」という項目があります。

そのサイトでは、売却に対しての
意思決定が出来なくても良いらしいです。

反響課金のサイトなので、
不動産業者に査定依頼が入れば、
サイトの売り上げになる。

売却の意思決定権が無くても、
査定依頼が出来る。

不動産業者は、そのサイトの
餌食になるかも。。。

不動産業者もサイト選びは
大切だと痛感しました。

 

有限会社ライフステージ