住宅ローン金利下がれ!

前回の続きです。

住宅ローンの金利を
借り換えで下げるお話をしていましたが、
実際には
借り換えすると結構な手間がかかるし、
手数料の必要になる。

では手数料は必要だが、
法務局に行き、
土地や建物の登記簿謄本などを
取得しないで、
住宅ローンの金利の下げ方があります。

私の場合は、
現在、住宅ローンを組んでいる銀行に行き、
他行(他の銀行)さんから
現在の住宅ローンの金利よりも
下げることが出来るので
住宅ローンの借り換えをしませんかと
誘いを受けている事を伝え、
現在の住宅ローンの金利の
見直しは出来ませんか?と言いました。

すると「私の名前を聞き、少しお待ちください」と
奥に入って行き、現在の金利や滞納有無、
残存年数が記載された書類を
プリントアウトして窓口に戻って来て、
ある条件をクリアしてくれたら
住宅ローンの金利を下げることが出来ますと
言ってきました。

このある条件とは、
その銀行が発行している
クレジットカードを作って欲しいという事と
金利の見直しをするのに
手数料がかかる事の2点でした。

私は、変動金利で住宅ローンを組んでいたので
通常の金利の見直し以外に
金利の見直しをしてもらえる事になり、
現在、優遇されている金利+αの
優遇を申請してもらえる事になりました。

多少の手数料はかかりますが、
現在よりも0.?%は下がるので
あなたも相談してみると
金利が下がるかもしれませんよ。