異常!住宅ローン金利

日中、気温が35度を下回っていない日々。
銀行も住宅ローンの金利やサービスに熱くなっています。
住宅ローンの新規契約の金利改定は、
月初めに行われるのが通常ですが、
今回の改定は、8月半ばに行われています。

それは、なぜかと言うと
来年の4月から消費税が上がる可能性があるからです。
増税前の駆け込み需要を狙って、金利が下がっています。

金利が下がっていると言っても、
変動金利の基準金利は2.475%で同じですが、
金利優遇される幅が大きくなっています。
現在の最大優遇される金利は、-1.7%なので、
変動金利の2.475%が0.775%になります。

固定金利選択型の5年・10年固定でー2.2%も
金利優遇する金融機関も有ります。
(募集形式なので、総融資額が上限になると終了)
でも、凄い金利の引き下げ幅です。
但し、住宅ローンを利用される方全員が
最大の金利優遇を受けられる訳ではないので、
金利優遇するための条件を確認してください。

また、金利以外にも返済方法や
レストランなどの割引サービスなど
色々なサービスが実施されています。