保証料って何?

銀行で住宅ローンを組むと諸費用の中に

保証料という項目で必要なお金があります。

この「保証料」は、保証会社が貴方の事を保証するので
お金を払ってねというものです。

詳しく言うと、

実際の住宅ローンのお金を出すのは銀行だけど、
銀行は、その貸し出したお金の担保として
保証会社で貴方を保証させて、住宅ローンの支払いが
滞った時に、貸し出したお金を保証会社から回収するように
仕組みを作っています。

保証会社は、貴方からの情報を基に個人情報
(ブラックリストに載っていないか、今までのローンを
組んだもので遅れは無いか、滞納は無いか)を見て
・収入に対しての返済の割合は大丈夫か?
・働いておられる会社は実在するのか?
・住宅ローンを取り組む物件の担保価値は?
・販売価格は妥当か?等々を
判断して、貴方を保証するかしないかを決めます。

保証会社の保証が取れなければ、住宅ローンの
取り扱いは出来ません。「NO」で返事が返ってきます。

保証会社の保証が取れると、借り入れ額に対して
住宅ローンの期間によって決められた保証料を請求されます。

例えば、

住宅ローンの期間35年で、保証料一括前払いので
100万円当たり20,600円とすると
1,000万円借り入れしたとすると、
保証料が206,000円なります。

保証料の金額は、各金融機関によって
違いがありますし、借入金額、返済方式、
借入期間、年収に占める返済額の割合、
保証料の支払い方法によって変わります。

また、保証料の支払い方法によって
金額が変わるのは、
保証料を一括で前払いする場合と
保証料を月々の支払いに組み込む場合違います。

例えば、
保証料を毎月の支払いに組み込む場合は、
住宅ローンの金利を少し上げて(住宅ローンに
組み込んだような形にして支払う)
毎月支払っていくようになります。

例えば、
保証料一括前払い(保証料外枠方式)の場合の
住宅ローンの実行金利が2%とすると、
保証料組み込み払い(保証料内枠方式)の場合の
住宅ローンは、大体0.2%程度上がり、
住宅ローンの実行金利が2.2%となります。

保証料外枠方式と保証料内枠方式とでは、
どちらが支払い総額が少ないかというと、
保証料を一括前払いする保証料外枠方式が
少ないしはらいで済みます。

ただし、諸費用ローンもご利用される時は
ほとんどの場合、保証料内枠方式になります。
(金利も変わります。)

保証会社を入れて保証料を取るので、
住宅ローンの原則として、第3者の保証人は不要ですが、
例外もあります。

保証料も取りながら、第3者の保証人を
必要とされる場合もあります。
特に自営業者の場合や、ご夫婦で収入を合算して
住宅ローンを利用される場合は保証人が必要となります。

まぁ、銀行は損しないようになっています。

住宅ローンを利用するには、
この保証会社の保証が必要で保証料が必要です。

出来れば、外枠方式で少なく抑えましょう。