レスキュルーム新築タイプは、これまでに無かった全く新しいタイプの木造住宅工法です。

従来の木造軸組に六面体の鉄骨柱を組み込み、邸別に構造計算を行う事で、

今までの木造住宅の良さを活かしながら弱点を補強しました。

☆レスキュールーム新築タイプの特徴

●既存の耐震リフォームでレスキュールームを使用した際には

室内が狭くなりますが、新築タイプの場合は鉄骨が収まるように

計算する為室内が狭くなりません。

●現在の建築基準法で木造軸組で施工した場合を100%とした場合、

レスキュールーム新築タイプは最低130%以上の強度になります。

(構造計算算出・日本建築防災協会参考)

●いざ地震が来た場合、建物の中に耐震シェルターが常備されている。

●地震が来た場合、新築タイプを設置してあれば建物全体の減震効果が起こる。

レスキュールームの新築タイプのメリット

●既存住宅にレスキュールームを設置する場合よりも

約半額の価格で設置できる。

●地震が来ても安心した住空間で生活が出来る。

☆レスキュールーム新築タイプ シュミレーション例

例1

例2

レスキュールームのご相談・資料請求は、こちらの「お問い合わせ」よりどうぞ