リフォーム工事を知り合いに発注したが・・・

中古住宅の購入時に住宅ローンとリフォームローンを利用された
お客様の話です。

 

購入者はリフォーム工事を知り合いの大工さんに依頼し、
リフォームローンの申込みに必要な見積書を作成してもらいました。

 

その見積書は、唖然とするものでした。

 

一応、工事する箇所は記載されていましたが、
個々の住器設備の記載もありません。

 

もちろん、品番の記載もありませんでした。

 

記載内容の一部を公開すると、
・キッチン入替工事一式 ○○万円
・トイレ入替工事一式 ○○万円
・住器設備一式 ○○万円
・クロス一部張替 ○○万円
等々

これでは、工事する場所がわかるくらいで、
どんな物が入るのか?
一切わからない状態の見積書でした。

 

500万円を超える改装工事なのに
こんな見積書の書き方で
購入者は不安ではないのか?
と思いました。

 

最近では、なかなか見ない工事の見積書。

 

購入者が納得していれば、
私がとやかく言う事では無いですが、
「少しだけアドバイスを」と思い、

・設備の品物をカタログを見て確認。
・工事個所の確認。
・工事内容の確認。
・工事日程の確認。

 

くらいは、打ち合わせをした方が良いと伝えました。

 

アバウト過ぎる見積書だと
後で揉める事が多々あったので、
助言させていただきました。

 

購入者の考えている内容で、
綺麗に工事が仕上がることを祈ります。

 

 

有限会社ライフステージ