空室が埋まらない! 2

前回は、
多くの不動産業者に空室を知ってもらうための
一つに方法について書きました。

今回もその続きです。

 

今はネットで部屋を探す時代になっています。

 

しかし、
ネットが苦手な方やその地域性がわからない方は、
近くの不動産業者に来店されます。

いざ不動産会社へ行こうと思っても、
なかなか店内に入れない方もおられます。

 

初めて店に入るとき、
入りにくいことってありますよね。

 

不動産業者は店舗前などに、
空室の写真や間取りなどが記載されている
物件資料を貼っています。

 

見たことありますよね。

 

その資料を見て、検討される方も多々います。

 

10件や20件貼りだしているところもあります。

 

その中で、
貴方の物件をお客様に見つけてもらうか、
他の物件資料を見て来店したお客様に対して、
営業マンが貴方の物件を紹介してもらえるように
していかなければなりません。

 

出来るだけ目立つ位置に
物件資料を展示してもらい、
何人ものお客様に提案をしてもらって
物件を見てもらう。

 

これも一つのポイントです。

 

では、具体的にどうすればよいのか?

 

週に1回は電話を入れたり、
空室の情報をメールやFAXしたりして、
営業マンに貴方の物件を覚えてもらうことです。

 

また、業務委託料や広告料など
他の物件と違いを見せることも
一つの方法ですよ。

 

 

有限会社ライフステージ