空室が埋まらない!

家主の悩みとして多いのが、
空室が埋まらないことです。

 

何故、入居者が決まらないのか?

 

いろいろな条件がありますが、
その中の一つとして、
「この部屋空いていますよ。」、
「ここに入居者募集している物件がありますよ。」
ってことが、
客付けをする不動産業者に知られていない場合もあります。

 

何故、長期で入居者募集をしているのに知られていないのか?

 

賃貸を主としている不動産業者なら、
長年蓄積された家主さんの名簿や多くの物件資料がありますが、
売買を主としている不動産業者には、
空室に関する多くの物件資料が無いことが多々あります。

 

それは、売買される物件情報は多く集められていますが、
賃貸物件の情報はあまり集めないからです。

 

売買で知り合いになったお客様からの紹介や
売却されて賃貸へ移られる方などが現れた時に
空室物件を探すことがほとんどなのです。

 

その空室を探す手段としてメインになるのが、
「レインズ」と言われる
不動産業者だけが見る情報サイトです。

 

この情報サイトに物件情報が掲載されていなければ、
貴方の持っている空室物件に辿り着かないことが多くあります。

 

貴方が空室の募集を依頼している業者が、
一社だけなら空室情報が広がりますが、
賃貸業者ばかり数社に募集依頼をしていると、
先程書きました「レインズ」に掲載されることが少なく、
自社で客付けをすることがメインになり、
他社へ情報を開示することが少ないです。

 

しかし、売買がメインの不動産業者なら、
部屋を借りるための目的で来店されるお客様は少ないので、
物件情報を開示することが多いです。

 

空室を埋めるためには、
お客様に部屋を見せることが重要なので、
「この物件に空室があります。」
という事を多くの不動産業者に
知ってもらう事が重要になってきます。

 

有限会社ライフステージ