家主業の方に有利?!

日々新しい物件が世に出回っていますが、
その中で、
「入札物件」って、聞いたことありますか?

 

「えー、知らない」という方は一読ください。

 

入札物件とは、
簡単にいうと売却価格が確定していない物件で、
高い金額を提示された方が購入できる
競り合いの物件です。

例えば、
裁判所で行われる「競売」の物件や
市町村で行われる「公売」の物件は入札物件です。

また、それ以外でも入札形式で
売却される物件があります。

 

破産や相続や債務整理など
いろいろな形はありますが、
不動産を売却する時に、
弁護士が主体となってする入札や
債権者が主体となってする入札があります。

弁護士が主体となって行われる入札物件の中でよく聞くのは、
相続財産管理人弁護士や
破産管財人弁護士のなられた方の弁護士事務所で
入札・開札が行われるものです。

破産物件は、
一般には情報が出回ることが少ないので、
不動産業者が参加することが多く、
一般の市場価格よりも
入札価格は低い場合がほとんどです。

不動産業者は物件を購入して、
室内の改装後販売するので、
当然販売価格には、「利益」がのります。

なので、
その分安く仕入れをしないと、
販売しても利益がでないから、
高い価格で入札はしません。

 

しかし、
家主業の方なら賃貸として貸し出すので、
改装して貸し出す家賃設定と投資した金額との
利回りで考えられるので、
不動産業者よりも高く入札する事ができると思います。

 

高く入札すると言っても、
一般市場に出回る価格に比べれば、
はるかに安く物件を仕入れる事ができます。

 

気になる方は、
情報が一般には出回らないので、
仲のよい不動産業者に
こんな情報が無いか聞いてください。

 

収入アップにつながると思います。

 

お近くの方は、弊社にメールしてください。

情報が入れば連絡しますよ。

 

有限会社ライフステージ