住宅ローンの金利、借り換えで下がる?

住宅ローンの金利が
借り換えで下がりますよ。と
うたっているチラシや
パンフレットを銀行で見かけますが
本当に下がるの?って
思ったことはありませんか?

銀行によっては
現在の基準金利よりも
最大-1.9%下がるように
書いているチラシもあります。

簡単にできるように書いていますが、
借り換えって簡単ではありません。

法務局に行って
土地と建物の謄本を取得したり、
現在の住宅ローンの返済表と
住宅ローンの返済している通帳の
1年分の写しを用意したりなど
いろいろと必要な書類があります。

もちろん手数料などの費用も必要です。

中には、住宅ローンの残高が
担保物件の評価額より高く
借り換えができない場合もあります。

結構、めんどくさいです。

金利は低いほうがイイが
手続きが面倒なので
借り換えを考えていなかったですが、
たまたま、現在住宅ローンを組んでいる銀行に
行く用事があったので
ついでに住宅ローンの借り換えの話を聞いてみました。

私の住宅ローンを組んでいる銀行は、
都市銀行ではないです。
地方銀行を利用しています。

その銀行は、合併で銀行名が変わりました。

合併する前に住宅ローンを組んでいたので
旧銀行の名前を出し、
この旧銀行から現在の新銀行に変わったので
住宅ローンの借り換えになりませんか?と
聞いてみました。

元は同じ銀行なので無理だとは分かっていたのですが、
聞いてみました。

融資の担当者は、一瞬 「何?」とキョトンとしていましたが
内容が分かったらしく、
席を外して奥へ行き確認をして帰ってきて、
借り換えは無理ですが、
金利の見直しはできますとの回答でした。

2つのある条件をクリアしていただいて、
見直しの手数料をお支払いしていただければ
金利の見直しが可能との回答でした。

こんな変な質問をしましたが、
こんな方法で住宅ローンの金利が
下がることがわかりました。

次回に、この方法をお話したいと思います。

では・・・