住宅ローンいくら借りれるの?

住宅ローンの借入額について
質問がきましたので
今回は、住宅ローンの借入額について
書いていきます。

昔は、年収の6倍や7倍など
住宅ローンの借りれる額を言われていた事を
ご存知ですか?

最近は、あまり聞かなくなったと思いません?

銀行は、年収の額云々よりも、
この人は返済できる人なのか
どうかを判断して融資するところなのです。

年収が高くても、預貯金が無く
物件価格全額と登記などにかかる諸費用など
全てを融資してほしいという人よりも、
年収がそこそこで、頭金が2割有り諸費用も
持っている人の方が融資は通りやすいです。

住宅ローンの基準は銀行によって違いは有りますが、
今回は返済比率についてお話していきます。

年収によってローンなどの返済できる割合を
金融機関は決めています。

年収300万円以未満の人なら
年収の25%以内の返済額になります。

年収300万円以上400万円未満なら
年収の30%以内の返済額。

年収400万円以上の人なら
年収の35%以内の返済額になります。

例えば、
年収300万円の給与取得者の場合、
300万円×30%=90万円

年間90万円以内の返済額ならOKとなります。

しかし、現在の住宅ローンの金利での返済金額を
当てはめるのではなく、銀行が判断する金利での
返済額をはじき出します。

銀行によって、この基準金利は違います。

今回は、この基準金利を3%と設定します。
この3%は、
借入期間35年
1000万円借入した場合
月々の返済額は、
38,485円ですので、
900,000円÷38,485円=23.385万円となり、
約2,300万円までの借入なら可能という事になります。

しかしこの金額は、
他に借りれが無い場合を想定していますので、
車のローン等があれば借入額は少なくなります。

但し、他のローン等を全額返済した場合或いは
住宅ローンの融資内定が出た時に全額返済をする場合は
上記の約2,300万円になります。

また、住宅ローンを申し込みされる方の
職種や事業所・勤続年数によっても若干の違いが出ます。

もちろん、住宅ローンの金利の
優遇される幅も違いがあります。
公務員の方なら変動金利で、
-1.7%優遇している金融機関も有ります。

銀行によって、団体生命保険の内容が違ったり
上記の優遇金利が違ったり、
いろいろな手数料が違ったりと有りますので、
自分にあった金融機関を調べましょう。

自営業の方は、給与取得者と返済比率も
優遇金利も違いがありますので、
上記の数字は変わってきます。